おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

じわじわと厳しい寒さが近づいてきました。
東京の雪をみて名古屋もいつ降るのかをちょっと覚悟しました。苦笑

なんとなく2・3月にドカンと名古屋も大雪が降りそうと思いながら・・・・

本日は、目を背けるのは自分というタイトルにさせていただきます。

結局のところ、こうなりたい、あーなりたい、なんでこうでないのっていうセリフというのは、誰が決めるわけでなく、自分自身が最終決定をしていることだと思います。

こうなりたい、あーなりたい、そして自分自身はどうしているのか。

諦めているのか、「でも、だって」だからどうなのか。

そういう人は、そんななりたい自分、なりたい夢、なりたい環境から自分自身で目を背けている、その方向に背中を向けているんだと思います。

こんな自分にできるわけがない

だれだって、こんな自分の位置からいきなり、なりたい自分になれることなんてできない

歌手になりたいのに歌も歌ったことないのに、こんな自分の位置から更に歌がうまく歌えるわけがない

のどが痛いから諦めるのか

だれも聞いてくれないから文句を言うのか

カラオケに代金が払えないから歌えないのか

歌っても歌っても売れないから諦めるのか

人なんて、どんなことでも言えますが、最初は見るもの触るものなんでも新しいですし、刺激もありますし、いろいろな事を試せますし、なんだか、自分自身も変わっていっているように感じます。

刺激がなくなると変わってない錯覚にとらわれ、自分はだめなのではないか、あれが悪いから、これがいけないからって

徐々にそんな希望や課題に目を背けてしまいます。

真っ暗の部屋を見て、先が真っ暗と思うのか

見渡して探すのか

手探りで探すのか

壁を叩いてみるのか

だれかが助けてくれるまでじっと待っているのか

どんな状況でも、目を背けているのは、背中を向けているのは自分だということです。

当社のお客様で申し上げると

夫の浮気の真実

妻の浮気の真実

夫婦問題

子供さんとの関わり

など、本当は目を背けたらいけないところで背けて、想像ばかり膨らむんです。

目を背けるというのは、自分の心が痛いから

なんで自分の心が痛いのか

本当のことだからじゃないんですかね?

気にもとめないことなら、背を背けることもないです。

それを気づかないなんてだめな人だねって言っているのではないんです。

自分自身が自分で気づいてあげて欲しい。自分で自分を受け入れて認めてあげて欲しいんです。

自分が本当に欲しかったもの・・・・・

それは、背を向けていたところにあるのかもしれません。

そんな背中にあなたを微笑む花が咲いているのかもしれませんね。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。