おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

12月に入っております。2015年、とうとうラスト。

気を抜かずにがんばりたいと思う本日だよ(・∀・)

余談ですが、先日、事務員とランチをしておりましたら、70代の女性がわたくしに興味を抱いていただいて、わたくし達の話をどうもずっと聞いていたらしいです。

そんな興味を抱いていることも知らず、わたくしが5年前の写真を見て若かったね~なんて会話をして写メを見ていたら、いてもたってもいられなかった女性は、食い入るように写メに覗き込み・・・・・

わたくしも思わず

「5年前の私です。若いですよね~」

って話し込んでしまいました。笑

70代の婦人に

「あなたはお仕事でバリバリがんばっている人に見えて素敵だなと感じました。」

こんなお言葉をいただけるなんて、素直に嬉しいですね~。

探偵業をしているんですよって話になりましたら

「あら、すごいお仕事なさっているのですね。

 でも、あなたのお顔を見ていると、解決しそうなお顔しているわ。

 ものすごい貫禄ね~」

解決しそうな貫禄ある顔立ちって・・・・・

喜んでいいのか悪いのか・・・・・

誉め言葉と思って喜びました。笑

話がそれましたが、本日はまだまだ矛盾する世の中というタイトルにさせていただきます。

大昔と違い、昔と違い、人は住みやすい環境がどんどん進む中、

まだまだ、矛盾することも多い世の中とたまに思います。

これだけの法律や規則がある中、なんのための法律や規則なのかなと思うことがあります。

目の前の人が助けて欲しいと叫んでいるのに、それらを助けてあげれないこと。

それらが、法律があるからとか規則があるからって、そんな悲鳴をあげている人を野放しにすること

わたくしにはそんな事はできない

そんな事に先日も胸が苦しくなりました。

警察への限界、病院での限界、会社での限界、規則、法律

なにが限界でなにが規則で法律なのか

そんな規制があるから、殺人が起きたり、取り返しがつかないことになったり、詐欺被害にあったり、

規則、法律ってあるべき事だとは当然思いますが、本当のその場の状況で、そんな言葉で逃げないで欲しい

っと、わたくしは心からそう思います。

10年前のわたくしはそんな状況なら食って掛かってました。

警察だろうが、弁護士だろうが、そららが怖い人だろうが・・・・・苦笑

今はだいぶ丸くなりましたが、いやいやまだまだ現役でもあります。笑

ただ、落ち着いて話せるようになったということかもしれません。笑

時に人なんて自身を守りたいがために、助けて欲しいとすがっても見てみぬ人もいて、それで何もなかったかのような日々を送ります。

見ていなかっただけと言い聞かせます。

その方が楽だから。巻き込まれたくないから。

わからないでもないです。

でも、自分が助けて欲しいときはどうなんでしょうか。

わたくしは、ですが、そう思ってお客様と向き合っております。

わたくしもですね、たまに周りから、

探偵がそこまでする必要があるの?

そこまでするならもうボランティアになるのではないか?

と言われます。

そうかもしれないなと思いますが、そういうことではないとも強く思っております。

法律がなんなんですか、規則がなんなんですか

悲しんで苦しんで助けて欲しい人が叫んでいるのに、わたくしは野放しなんてできません。

ってなんだか本日は熱く語ってしまいました。

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

正を正した探偵業を貫くぞ~~~~~~!!

本日の名言
————————
学ばない者は人のせいにする。

自分に何が足りないかを考えないから。

学びつつある者は自分のせいにする。

自分に何が足りないかを知っているから。

学ぶことを知っている者は

誰のせいにもしない。

常に学び続ける人でいたい。

三浦 知良
———————

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。