おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

名古屋は雨です。

ポンポンイタイ(>_<)

せわしなく進む時の中でいろんな人が色んな感情を抱え日々を生きている。

といきなりこんな言葉を言ってしましました。笑

本日は、お客様の心の悲鳴というタイトルにさせていただきます。

わたくしのお客様との向き合い方なんですが、

わたくしは探偵業であります。

ですが、お客様の悩みをお聞きして、調査だけ提案して、調査をこなし、うんうんとうなずいているだけの流れがどうしても嫌でした。

いつもブログを拝見していただいているみなさんはご存知だと思いますが、

「解決にこだわる探偵」

お客様の悩みをお聞きして一番重要視していることは、お客様の心の悲鳴であります。

こういう言い方はよろしいのかわかりませんが、お客様の悩みというのは、ひとりで抱え込んでおられる人ももちろんおられますが、

悩みを話し慣れている方も多いんです。

そんな話口調をお聞きして、友人や身内など色々な人にも相談している様子も察知できるんですが、色んな人に相談している事はいけないことではありません。

本当にお客様に気づいていただきたいのは、

心の悲鳴

なんですよね。

悩みやトラブルというのは、真面目な探偵社(選択重要ですが)であれば真実が調査結果として判明してまいります。

その真実をもとにその後、どう向き合っていくのか

お客様の心の悲鳴は、時に白・黒と明確ではない方も多いんです。

それはそれであたり前です。

その場で白黒をはっきりする必要はありません。

「どうしたらいいのか、わからない」

でもいいんです。

お客様方というのは、わたくしに一生懸命、相談をしていただきます。

時に吐き出すかのように話される方もおられます。

わたくしはそんな相談をされているお客様の声を聞いているだけでなく、言葉、声ではなくお客様の心の悲鳴を拝見します。

勘違いしていただきたくないのは、別に霊能者でもなんでもありません。

本当に求めているお客様の心はどうなのか

わたくしは一番したくない仕事への向き方は、悩みをあおり、弱みにつけこむような行為はしたくありません。

どんなことでも言えると思いますが、なんでも動機なのかなと思います。

お金目的ならお金ですし

かっこいいと思ったからならかっこいいがないと続きません。

うまみがあると思ったからならうまみがないとおもしろくない。

なにかにステータスさを感じて実際には感じられなかったらそれで終わり。

わたくしは、43歳でまだまだ小娘の段階かもしれませんが、自分自身の実体験が些細なことかもしれませんが、

困っている人を助けたい、悲しんで苦しんでいる人を助けたい

その人たちの心の笑いを提供したい

人によっては偽善者なのかもしれません。

そう思われているかもしれません。

でもそれでもいいんです。

そう思いたい人は思っていただければかまいません。

わたくしはわたくし。

ただ、みなさんが想像する以上に大変です。並大抵のことではお客様の心の悲鳴を解決することはできないということは

わたくし自身も毎回味わっております。

でも、

それでも、

わたくしはお客様の心の悲鳴を受け止める

それだけの思いは今でもこれからも健在ですね。

鼻息が荒くなってきたので?笑 このくらいにしておきます。

本日は月曜日ですか。

今週もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。