おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

季節の変わり目でしょうか。風邪が流行りだしてきましたね。

もうちょっとで春さんがみなさんの心をあたためてくれるかも?(・∀・)です。笑

本日は、弱い心というタイトルにさせていただきます。

連日、清原和博さんの覚醒剤報道がされてますね。

ドラッグって怖いな~と思いながら。

人なんて誰が弱いって、みーんな弱い心を持っていると思います。

弱い心だから、ドラッグをするとか~をしてしまったとか・・・・・

強い心だからそうはしないということはないんだと思います。

だれだって弱い心は持っているもの

どんな人だって強いばかりの心ではない

強い心を持てという強制ではありません。

自分だけじゃない、誰だって弱い心を持っているということを知ることです。

わたしたちの親だって、兄弟姉妹だって、身内だけでなく、上司や先生でもみんなそんな弱い心は持っているんです。

どんなに偉い人でも・・・・。

そんな状況の中で、みなさんなら自分の弱い心をどう向き合いますか?

あなたの弱い心を聞いている人も、もしかしたらもっと弱い心を持っているのかもしれません。

進む道がわからない時に一緒に考えてくれる人

笑い方を忘れた時に笑わせてくれる人

ダメになりそうな時に支えてくれる人だったり

そんな、他人が自分ごとのように考えて泣いて励ましてくれるそんな人がいたら、私だったらですね、ものすごく嬉しい。

でも、そんな人たちも、弱い心を持ってわたしたちの事を考えてくれている。

その人たちの、弱い心はどうなるのですか?

自分の弱い心が満たされれば、その人たちの弱い心は関係ないのでしょうか?

弱い心に逃げている人、自分の悲しみに溺れている人に限って・・・・・・

自分の弱い心にばかりに悲観して、大切にしなければいけない人たちの弱い心に目を向けようともしない人が多いように感じます。

正直、こういう弱い心に潰されている人、潰されているというより自分で自分を潰している人というのは、冷たい言い方ですが、わたくし自身は好みません。

周りを振り回して、自分の弱い心に浸ってひとりよがりで大切な人たちが泣いて駆け込んでくるお客様もたくさんおられるのを、間近でいつも拝見しているからです。

自分だけが弱い心だと思わないで欲しい

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。