おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今朝の寒さに、昨夜クーラーを切るの忘れたとリモコンをみると・・・・?

あれ(。・д・。)

クーラーついてない。笑

季節の変わり目ですのでみなさんお気をつけください。

本日は、受け入れるというタイトルにさせていただきます。

現実は今の状況ですが、現実を受け入れるとなると、ぐっと苦しくなることもあります。

当たり前の日常も現実ですからね。

あたりまえのようになにもしなくても、手を繋いでくれて、なにもしなくても、笑ってくれてそして怒ってくれて、

なにもしなくても喜ばしてくれる。

「くれる」から「くれていた」になると、人はそれらを求める。

はじめて自ら手を差し伸べる

手を差し伸べるだけではいけないことを知り、手を差し伸べて握らないといけないことに気づく。

握り方も・・・・・。

そして幼少のときは、無邪気に素直に笑えた笑顔も、大人になると悲しみを抱えながら笑顔で隠すことも覚える。

それも同じ笑顔のように見えても意味合いはまったく違います。

悲しいことを悲しいと泣きながら親に話していたのに、大人になると悲しいことを悲しいといえばいうほど、心が苦しくなることも覚えます。

幼少のころは、春休み、夏休みそして冬休み、そんな休みを楽しみに、大人になると自分の道が間違っていなかったかと時に不安になる。

なんでこんな道選んだのかなって後悔したりもしますが、今さら他の道にいくわけにもいかず。

でも、もうひとつの道を選んでいたらもっと後悔していたと思うと、やるしかないと改めてそう思って見たり。

大人になると、痛みも我慢しますし、抱えられそうなら抱えますし、寂しくても失っても、それでも笑ってごまかします。

でも、悲しくても期待は捨てず拾えるものは拾いたい。
 
受け入れ方はそれぞれですが、手を差し伸べることからはじまり、手を握りしめられた感覚に感動を人は覚えます。

そして今度は自身が誰かの手を握りしめてあげる。

それが受け入れるということではないでしょうか。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまりまってます。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。