おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今朝の空はぼんやりとしてます。

空さんは人を引きつける力があるなと思います。

毎朝、空さんに話しかけられているように感じます。

そして包まれているようにも。

そらかぁ~。

今朝はなんとなく、白いコスモスが見たくなりましたので、ネットで素敵なコスモスを発見

「きれいだよ」

とつぶやいてみたり。笑

本日は、過去が未来を照らしてくれるというタイトルにさせていただきます。

性格の問題なのかもしれませんが、わたくしはそっちがそうならこっちだってなどなどの手法はあまり好みません。

もちろん、やるべきことはさせてはもらいますが、徐々にしらけてしまうタイプです。

たとえ、いがみあってこようとしたところでも、話に中身がない。

本当にこの話の内容は意味があるのかと考えてしまいます。

どちらが悪いなんて本人はわかっている。

わたくしだったらですね、相手が武器を持とうが、殴ろうが?(笑)、手ぶらで向き合います。

たとえ殴られたとしても、暴行とかで訴えませんし、殴るだけ殴ればいい。

それで気がすんで、殴って、たたいて、わめいて、それで相手の気持ちはどう感じるのか。

その口で何を言って、それらをわたくしに言って満足なら言えばいい。

相手がそうならとか、あまり深く深読みもしたくもありません。

昔からわたくしは陰口もあまり好きではなく、陰でしか悪口言えないのなら言うなと思うタイプです。

コソコソして、こそこそするなと言われ、なにが悪いのだと大きな口をたたいたところでも、コソコソした意味が答え。

自分の事実を大棚に上げて、わーわー言ったところでも、棚の上の荷物は消えはしない。

———————
いくら粉飾したところで、

自分の生地は誤魔化し切れない。

正直こそが、

処世の一番安全な道。

松下幸之助
———————

自分が間違っていないのであれば、そんなにムキになることではないのではないかと思います。

殴らしてあげますよ

言わせてあげますよ

それで、その先はどうなのですか?

その棚の上の荷物は?

そんな絡まった糸に首が締め付けられそうなお客様がた。

わたくしが一生懸命、その糸を緩めては、また、締め付けられそうになって、そしてまたその糸を緩める。

別に過去を説教しようとしているわけではないんです。

過去は過去、起きてしまったことに対して未来をどう考えるのか。

真実だとか、真の心を隠蔽したところでも、未来は照らしてはくれない。

必ずです。

真の心を持って歩く大切さ、必ず未来が照らしてくれます。

本日はちょっと深いお話になりましたね。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばってまいります。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。