おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も冷えますね。朝、自宅を出て薄っすらと雪が積もっていましたのでこの激サムはこういうことだったんだと、思いながら?

ちゃむい(。>0<。)

先日、学生時代の後輩たちと集まりました。

先輩、集まりましょうよぉ。

そう強く願っていたのがひしひしと伝わりましたので1年越し?くらいに開催されました。
もう20年以上振りの後輩もいたりして。

いや~楽しかったです。

本日は、あのころに・・・・というタイトルにさせていただきます。

たまに友人等に「あの頃に戻れるならいつがいい?」

みなさんも聞かれたことありませんか?

久しぶりにそんな事を最近聞かれたとき、わたくしは黙ってしまいました。

答えは、「戻りたくない」でした。

そんな友人はなんで?と驚きました。

どうせ、母親は病気で亡くなる。

そう思ったらあの頃に戻っても同じ。

仕事変えたところでも、なにを変えたところでも・・・・・。

わたくしは、当時23才で人生が大きく変わりました。

そしてその10年後の当時33歳でもまた人生が大きく変わりました。

そして今年その10年後の43歳を迎えることに気づく。

20代、30代、そこそこ壮絶な道を経験させてもらってその時、その時は精一杯でした。

正直、この23~43歳までの道のりは後悔しておりません。

20代の約7年の闘病生活も全国走り回り治療したことも、30代の突然に経営者になって今の自分がいることも・・・・・

あの時に経験したからこそ

あの時失敗したから

今の自分に成長できたし

あの時の経験が生かすことができる

そしてあの時を思い出せば

心の底から力が沸いてくる

当時など、いままでの経験が生かされることなんて考えてもいなかったです。

ただ最近思いますに、従姉妹のお姉ちゃんが42歳で他界、母親が54歳で他界、まさにその間の年をわたくしも生かさせていただいております。

まぁ、わたくしみたいな憎まれっ子は長生きをするのでしょうが、深く考えさせられますよね。

先日、そんな命の尊さ、はかなさを友人と話しておりました。

わたくしは友人に

私がいまなにかあったら言える言葉はただひとつ

LASは私の血と涙の結晶で

LASが私のすべてでした

って言うんだろうなって言いましたら、

そうだと思う

ってコックリとうなずいてました。

周りにも伝わっているんだと苦笑してしまいました。笑

でも、わたくしが人生の道を歩いていく上で思っていることは、経験をしていく上で必ずそれが生かされる時が誰しも来ると思います。

それを生かすか生かさないか

だと思います。

誰しも生かしたいんでしょうが、当時などそんなことは考えもつかないです。

そうすると思えば、ただ残るのは今を一生懸命生きることだと思います。

どんな悲しみでも

どんな辛さでも

どんな苦しみでも

必ずそれらには意味があってその経験が生かされる時がくるはず。

後悔は一生

勇気は一瞬

あまり関わっていない男性の経営者がこっそりとわたくしの行動を見ていて

たかださんはできないかもしれないけど、

ぶるぶると足をふるわして立とうとする

その姿はすごいと思った

そんな言葉をいただいたときは嬉しかったですね。

まさかそんな角度から見られているなんて思っていなかったので。

みんな最初は、ぶるぶると足をふるわして立とうとするんです。

いきなりピンと立てることは少ない。

本日は語ってしまいました。笑

すみません、長々と。

さてと今週もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。