おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

ようやく大型のいくつかの調査が終了に向かいます。

それぞれの調査が最終日を向かえ終わるといつもの調査ですが調査員達も心が軽くなるんです。

わたくしも現役調査員の頃は、最終日の最後の時間を向かえたら調査現場にお辞儀をして帰りました。

どんだけ真面目なのって感じですが。笑

若かりし頃の調査員時代に大先輩に教えていただいたひとつです。

本日は、高田探偵の「意味のないプライドを捨てよう」というタイトルにさせていただきます。

プライドってありますが、プライドの意味合いとか使い方を間違っている人も多くいると感じます。

まずもって間違っているといえるのは、

「自分だけが偉いわけではない」

それはプライドではなくわがままであってただ我を通したいだけ

偉いからってなんでも自分の思うようになるわけではないですし、そもそも誰に対して言える立場なのかどうかの分別もできていない人が間違ったプライドのように感じます。

夫婦でも、親子でもわたくしはそういう場面をずっと見続けております。

そもそもプライドって言葉に負けている人がいうセリフであって、

プライドってもっと良いときに使うものだとわたくしは感じます。

良いときって言ってもそういう人はあまりプライドを見せびらかせません。

そして自慢にもしません。

本当のプライドって誇りや勇気だと思います。

誇りになるまでの過程がその人のプライドを作り上げる。

勇気と言う行動をし続ける気持ちがその人のプライドを作り上げる。

例として

おばあちゃんが、「こんな物しか作ってあげれないけど。」と食べてみると

こんな物じゃないじゃない、ものすごく愛情のある味と美味しいお料理

おばあちゃんはこんな物といいながらどれだけ時間をかけて作ったのだろう。

やる気のない人が、「こんな物しか作れないけど」と食べてみると

ほんとだ、やる気もないだけあって味も適当。

間違ったプライドの人は、時間も頭も使わずに、そして決め付けて

「これは美味しいに違いない」と食べさせても、

「まずい」となると傷つく

傷つくことは誰でもありますが、自分が料理をつくった過程の浅さをも認めず逆ギレする。

そんなプライドなんてなにを隠しても意外とみんなもう知ってます。

言わないだけ。

言うのは身内だけなんです。

恥しいから身内は言うんです。

そんなくだらないプライド、気づいた時に捨てましょう。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

————————————

【平成29年10月下旬に名古屋駅に移転予定です】

交通便利な名古屋駅付近になります

株式会社 LASコーポレーション

現住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

新住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F
移転予定 平成29年10月下旬

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール10番・12番・14番出口上がってすぐ

————————————

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。