おつかれさまです。名古屋の探偵、@高田幸枝でございます。

昭和ビルは、本日全フロアのワックスをしておりまして、掃除の方々が大賑わいをしております。

がんばってください。

本日は、人探しのお話をさせてもらいます。

先日から立て続けに人探しのお客さまが多くお見えになっております。

他社で結果がでなかったところか、成功報酬で120万円という高額で依頼したお客さま。

経費として20万円で依頼。

結果がでなかったので、経費はもどってこなかったとか。

というか、結果が出せないのに「契約なんかしないでほしい」笑

それで、当社へ相談にお見えになって、半ば諦めていたお客さまですが、

当社で依頼して、4日後、人探しの結果が判明。

合計金額、30万円。

その他のお客さま

合計金額、20万円。

その他のお客さま

合計金額、15万円

今年に入って100発100中。いや、いままでもほぼ確実に結果を得ている当社独自の人探し。

すごい!!すごい!!

それも、他社で120万なんていうのが当社で15~30万で「確実な結果」がでるのですから。

人探しだけじゃないのですが、すべての調査に言えることが、

お客さまがなにを求めているのか

わたくしは、それを重要視します。

調査結果としてだした内容が、「こういうのは知っていた」

それが一番のトラブルになる要素となるのです。

「こういうのは知っていた」

ということでお客さまは納得できる事なのか。

それ以外の結果がほしいのか、それでもいいと理解できる内容なのか。

そういったことにわたしは、お客さまに問いかけます。

相談の段階で、相談内容をお聞きしていると、頭の中で、どういう調査を組み立てれば結果としてお客さまに報告できるかどうかというのを判断します。

時にどうしてもそれだけの希薄な情報だと調査しても無理ですよ。

ということも全てわたしはお客さまにお伝えします。

だいたいは、当社の場合、依頼できるという過程で、ほぼ結果はだせると判断している内容が大半となるので、

100発100中であるのは、当たり前といえば当たり前。

容易に結果がでることではありません。

ですが、これが当社独自の人探しというのは、なかなかの強みだなとちょっと自慢に思えました。

そんな中、昨日、結果がでたお客さまは大喜びして帰られたのですが、

相談の段階では、眉間にしわをよせたお二人でしたが、

報告の時には、お二人ともご家庭の自慢話を一生懸命、うれしそうに話されて帰られました。

よっぽどうれしかったんでしょうね・・・・なんだかうれしかったです。

で、このお二人には、たかだサポートは必要ない意志を持たれたお客さまたちだったので、わたくしの出番はここでおしまい。

こういう時もありますが、お二人の顔つきがとてもよかった。

本日は、デスクワークに集中して専念してまいります。

本日お越しになるお客さま、お気をつけていらしてください。

以上

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。